カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

グラスで味は変わるの?! WHEATビア飲みくらべ

おとといに引き続きビアグラスのお話です。

先日の記事の最後で、同じビールを異なるグラスに注いで飲みくらべたらどうなるんだろうと書いてたのを、本当にやってみました。

www.calikura.com

今回のグラス:American Wheat Beer

今回取り上げるグラスはSPIEGELAU(シュピゲラウ)のクラフトビール用シリーズ、American Wheat Beer(アメリカン・ウィート・ビア)グラスです。(写真右端)

当初は前回と同じく、グラスの製作秘話こだわりポイントをご紹介しようと思っていたんですが、ここでひとつ問題が。

"ドイツのグラス会社がアメリカのクラフトビール会社と試行錯誤の上、その種類のビールに最適なグラスを完成させました!"

という、つい数日前にどこかで聞いたようなお話。

ストーリーがIPAグラスとあんま変わらない・・・

(ごーん)

それじゃつまらないので、本当にこの形が最適なのか、世の中全てのグラスを検討するのは無理ですが、せめてわが家にある数種類のグラスで飲みくらべてジャッジしたいと思います。

今回のビール:Hoegaarden

今回飲みくらべてみるのは、WHEAT(小麦)ビアでおなじみのHoegaarden(ヒューガルデン)です。

3種類のグラスでくらべてみるので2本使用。

ビンの底に酵母が溜まっているので、たまにビンを振って注ぎ分けました。

いざ飲みくらべ!

それでは早速飲みくらべてみましょう。

左からタンブラーWHEATグラスIPAグラスです。

泡立ち

泡立ち具合は写真を見ての通り、

1位 IPAグラス

2位 WHEATグラス

3位 タンブラー

でした。

前回の記事で出てきた、"IPAグラスは泡立ちが良くなるように作っている"というのは本当だったようです。

ちなみにビールの泡には香りを持続させる役割があるそうなので、香りを大事にしたいIPAにとって、泡立ちの良さというのは大切な要素なんでしょうね。

香り

続いて香りですが、これは明らかに3者で違いました。

香りが強く感じられた順でランクづけすると、

1位 IPAグラス

2位 WHEATグラス

3位 タンブラー

でした。

泡立ちランキングと同じですね。

IPAグラスはとても強く香りを感じました。このグラスを作った人も、こんなに鼻にダイレクトに香りが届くグラスはないって言ってましたしね。

WHEATグラスはこの大きなぼってりボディの中に、香りが蓄えられているな〜という感じ。ですが押し出し感がIPAより弱めでした。

そしてタンブラーについては、香りがぼんやりとしていてあまり分かりませんでした。 

この違いはグラスの開口部の形状によるもののようです。

IPAとWHEATグラスは中腹のあたりがふっくらしていて、開口部が狭くなることにより、香りがグラス内に留まっていますが、タンブラーは開口部が広がっているので、そこから香りが逃げてしまうそうです。

ビール本にもこういったグラスの違いが載っていたんですが、こんなにも違うものなのかと驚きました。

味わい

ここも泡立ち、香りと同じような結果になるのかと思いきや、

1位 WHEATグラス

2位 IPAグラス

3位 タンブラー

と、ようやくWHEATグラス本領発揮!

ここでもIPAグラスに負けていては、WHEATグラスいらないじゃんってなりますよね。

 

さて同じビールを飲んでいるのに何が違うのかというと、

まろやかさと味の広がり感

が違いました。

WHEATグラス開口部がゆるやかな円形で広く、ビールが横に広がった状態で口に入ってくるため、舌全体にゆっくりと広がります

そのためWHEATビアの良さを感じやすかったです。

一方IPAグラスは、WHEATグラスにくらべて細身でストレートなので、飲むと舌の中央を通ってまっすぐスピーディーに流れ込んできます。

そのため、WHEATビアのやさしく爽やかな味わいを楽しむというよりは、炭酸の強さ苦味を強く感じました。IPAに最適化されているということでしょうね。

そして3位のタンブラーについては、香りが飛んでしまっているせいか味も薄く感じました。

まとめ

というわけで、飲みくらべをしてみた結果、

WHEATビア用グラスはWHEATビアが一番美味しく飲めるように作られている

ということがわかりました。

IPAグラスの時と同様、

"この形、奇をてらってるだけなんじゃないの?"

と心の隅では思っていたんですが、美味しく飲めるようにしっかり考えられて作られたグラスでした。(疑ってごめんなさい・・・)

それでは皆さまもよきビールライフを〜

burame

ビール関連のおすすめ記事

www.calikura.com

www.calikura.com

nendoとコクヨが生み出したありそうでなかった文房具が素敵すぎる

Casa BRUTUSの2月号を読んでいたら、後ろの方に気になる記事を見つけました。

そこにあったのは、デザイナーのnendoこと佐藤オオキさんKOKUYO(コクヨ)がコラボして新しく立ち上げたブランド「GLOO」の文房具たち。

f:id:burame:20190115081744j:plain

http://www.nendo.jp/jp/works/gloo/product-graphic より

nendoっぽいミニマムで、どこか可愛げのあるデザインが目を引きました。

このプロジェクトはコクヨの貼る機能を持った商品群を統一ブランド化するものだそうで、今回のラインナップはスティックのり、テープのり、瞬間接着剤、テープカッターの4点です。

調べてみるとこれらは見た目の良さだけでなく、その機能についてもよく考えられたものであり、それを実際に作ったコクヨの技術力の高さも感じるものでした。

特にいいなと思ったもの

4点の中で特にいいなと思ったのが、スティックのりとテープカッターです。

カドまで塗りやすいスティックのり

f:id:burame:20190115083534j:plain

http://www.nendo.jp/jp/works/gloo/product-graphic より

まずスティックのりについてですが、そもそも

どうして今までスティックのりって丸いのが当たり前だったんだろう?

と、これまで特に疑問も持たなかった自分に驚きました。

おそらく多くの人が、四角い紙の端っこにのりを塗る時、下にもう1枚紙をしかないとはみ出して机にのりが付くという煩わしさを感じたことがあるはずなのに・・・

のりが机の上から転がり落ちて「ちっ」と思ったこともあるはずなのに・・・

どうして四角ではなく丸がスタンダードになったんでしょうね。不思議です。

そしてこのスティックのりはただ四角くしただけではなく、機密性を高めるためにキャップ部分は円形のままとし、簡単に開け閉めしやすいことや、立て置きしやすいことにもこだわって作られています。


GLOO Glue Stick

片手で軽く切りやすいテープカッター

f:id:burame:20190115091300j:plain

http://www.nendo.jp/jp/works/gloo/product-graphic より

お次はこのテープカッター。

まず形がカタツムリっぽくてかわいいです。

ですがかわいいだけでなく、見えない部分にこだわりがつまっています。

通常テープカッターと言えば、事務所によくある重くて大きな邪魔なものか、軽くて小さいけど両手を使わないといけないものかの2択でした。

ところがこのテープカッター、本体を机に吸着固定することで、軽くてコンパクトながらも片手でテープが切れるという優れものです。

その吸着の仕方というのも、ただ下に吸盤を付けただけでは不十分なので、内部の空気を外に押し出して吸着させ、逆に取り外すときは持ち上げると空気が入ってすっと取れる仕組みになっているそうです。すごー!(動画の方がわかりやすい↓)


GLOO Tape Dispenser

パッケージにもこだわり

商品本体のデザインもさることながら、そのパッケージデザインにもこだわっています。 

f:id:burame:20190115081546j:plain

http://www.nendo.jp/jp/works/gloo/product-graphic より

従来の自己主張の強いガチャガチャとしたデザインにはせず、文字も最小限にし、わかりやすくシンプルなものを目指したそうです。

また、商品にワンポイントで使われているカラーはシリーズで意味を統一しており、

グレー = スタンダード

水色(写真のブルーグリーンっぽいもの) = 貼ってはがせる

赤(写真の薄むらさきっぽいもの)= 強粘着

だそうです。(テープのりについてはちょっと違うみたいですが)

商品本体だけでなくそのパッケージデザインも含めて素敵なので、色違いで揃えたくなっちゃいますね。

おわりに

今回はneodoとコクヨのコラボから生まれた、「GLOO」の文房具についてのお話でした。

今のところ米国アマゾンでの取り扱いはないのですが、いずれこちらでも買えるようになるんじゃないかな〜と期待してしまいます。

そして今回のプロジェクトはGLOOの"第一弾"とのことなので、今後のラインナップも気になるところです。

それにしてもnendoさん、以前から好きなデザイナーでしたが、あらためて本当に素晴らしいデザインをする方だなと思いました。

日本の宝ですね。これからの活躍も楽しみです。

それではまた〜

burame

 

私がほしいと思ったものたち↓ 

1/16発売だそうです。

デザイン関連のおすすめ記事

www.calikura.com

www.calikura.com

SPIEGELAU(シュピゲラウ)のIPAグラスでさらに美味しいビールを

本日のビール番外編、今回はグラスのお話です。

SPIEGELAUのグラスセット

まだクラフトビールにはまり始めて間もない頃、amazonでお買い得だったので買ってみたのがドイツのグラスメーカーSPIEGELAU(シュピゲラウ)のビアグラスセットでした。

Spiegelau Craft Beer Tasting Kit (Set of 4) / amazon.com

当初amazonで買ったのは3本セットで$15

写真の4本セットは後日$30で購入したものです。

最初に買った内の1本を割ってしまったのと、同じ種類のグラスがもう1セットずつほしかったのもあり、追加購入しました。

ちなみにシュピゲラウは、ワイングラスで有名なRIEDEL(リーデル)のライバル会社でしたが、2004年に買収され、現在はリーデル傘下として製造販売を行なっているようです。

さてグラスセットの内容ですが、左からBarrel Aged Beer用、Stout用、IPA用、American Wheat Beer用となっています。

今回はその中でもIPAグラスについてご紹介したいと思います。 

(そもそもIPAって何?という方はこちら

IPAグラス

せっかくなのでアメリカの美味しいIPA、BALLAST POINT(バラストポイント)を注いでみました。相変わらずいい色〜

このグラスで気になるところと言えば、グラス下部にある特徴的なうねりです↑

IPAグラスはパッと見Stoutグラスに似てるんですが、IPAグラスだけうねうねしてます。

こんなグラス他のところでは見たことがないので、きっと何か理由があるんだろうと思い調べてみました。

IPAグラスの秘密

まずはその誕生秘話から。

このグラスはシュピゲラウとアメリカのIPA醸造家達が共同開発したものだそうで、何百のグラスデザインを検討し、最終的に残った8つのプロトタイプの中から秘密投票の末、満場一致で選ばれたものだそうです。

これだけでも「そんなにすごい奴だったのか!」と驚いてしまいます。

そしてあの気になるうねりにもやはり理由がありました。 

グラスがうねっていることにより、ビールを注ぐ時と飲む時に摩擦が生じるため、ビールが空気と混ざりやすくなり、その結果、香りが強く立つんだそうです。ワインでもテイスティングの時にグラスをぐるぐる回して空気に触れさせますが、同じようなことでしょうか。

またグラス上部にもこだわりがあり、上に行くにつれて細くなるデザインにすることで、飲んだ時に香りを逃さずダイレクトに鼻に届けるようにしているそうです。

グラス作りに携わった醸造家曰く、アメリカのバーでIPAをサーブする際に使われるのは一般的に重ねて収納しやすいパイントグラス(でかいまっすぐなグラス)なんだそうですが、それだとIPAの豊かな香りが鼻をすり抜けて散ってしまうのを残念に思っていたそうなんですよね。ですがこのデザインなら、きちんと香りと味わいを楽しめて、さらに泡立ちも良くなるようになっているので、IPAがより美味しくなると太鼓判を押していました。

調べる前は"面白いデザインだからなんとなくこの形にしたのかな"という考えもよぎったのですが、やはりそこにはしっかりとした目的とこだわりがあり、試行錯誤の末に辿りついたものなんだということがわかったので、調べてみてよかったなと思います。

まとめ

今回はシュピゲラウのIPAグラスのご紹介でした。

今まで何も知らずに使っていましたが、その誕生秘話やこだわりを知ると、なんだかより美味しく感じられるような・・・気がします。同時に違うグラスに注いで飲みくらべてみるのも面白いかもしれません。

また近々他のグラスもご紹介したいと思います。

それではまた〜

burame

 

日本でも販売しているようです↓ 贈り物にも良さそうですね。

ビール関連のおすすめ記事 

www.calikura.com

www.calikura.com

www.calikura.com