カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

【本日のビール】甘酸っぱさがクセになる!フルーツ・ランビック

約2週間ぶりの本日のビール。

今回はベルギーのフルーツ・ランビックのご紹介です。

ずっと気になっていたビール

ビール本で紹介されているのを読み、ずっと気になっていたランビック。

本の中ではこのように紹介されています↓

ランビックとは、野生酵母を使って仕込むビールのことだ。

ビールは木の樽で、何年もかけて熟成させていく。

まるで梅酒のような、ビールとは思えない酸味と芳醇な味わいが特徴だ。

青井博幸著『ビールの教科書』より

野生酵母って何??

ビールを何年も熟成させるの?!

ビールとは思えない酸味と芳醇な味わいってどんなんよ〜〜!

と、この短い文章だけでグッと心を掴まれました。

 

ちなみに"野生酵母"というのはまさに文字通り、野生の酵母のことだそうで、

一般的なビール作りでは、空気中の雑菌が紛れ込むのを防ぎ、人工培養した特定の酵母しかいない環境を作って発酵させますが、

ランビックの場合、醸造所に長年住み着いてる酵母や菌が空気中を漂って麦汁に入ってくるのを待って発酵させるそうです。

きっちり衛生管理している環境下の方が安定した品質のビールは作りやすいはずですが、野生の酵母や菌が生み出すこの味わいを守るため、醸造家たちはビールにとって理想的な菌類が入る環境づくりに気を配っているそうです。まさに職人技ですね。

フルーツ・ランビックとは

簡単に言うと、上記のような作り方をしたランビックに、フルーツを漬け込んで作ったのがフルーツ・ランビックです。

フルーツの種類は下記のフランボワーズの他、チェリーやストロベリー、ピーチなど様々なものがあります。

f:id:burame:20190221162855j:plain

本の説明に"何年もかけて熟成させていく"とありましたが、まずランビック単体で1年以上かけて熟成させ、さらにそこにフルーツを加えてからも数週間から数ヶ月漬け込んでいくそうです。

もうここまで来るとワインに近い感じですね。

飲んでみた

私の初ランビックは、Lindemans(リンデマンス)のFramboise(フランボワーズ)でした。

ラベルにもありますが、リンデマンスはベルギーで200年近くランビックを作り続けてきた老舗の醸造所です。200年も愛され続けているビールだなんて、期待が高まります。

注いでみたのがこちら↓ 

ビールにしてはめずらしく、上部にアルミ(?)が巻かれており、ちょっとスペシャル感があります。

見た目

注いでみると赤ワインのような濃い色で、泡までほんのりピンクだったのでびっくりしました。華やかでパーティーやお祝い向きですね。

香り

ビールは飲む前の香り(アロマ)と、飲んだ後に鼻に抜ける香り(フレーバー)が異なることがあるのですが、

今回の場合、アロマもフレーバーも

ブルーベリーガムみたい・・・!(ちーん)

なんかこんな感想しか出なくてすみません・・・

私の鈍い嗅覚ではこれが一番近い感想でした。

だけどブルーベリーガム、おいしいですよね!?(必死)

あの甘酸っぱい香りと思っていただければよろしいかと思います。

味わい

香りのところで「ガムみたい」なんて言ってしまったので、味もそれっぽくなりそうですが、

フランボワーズの程よい酸味が心地よく、

少し甘めの味わいで、

あまりのおいしさに唸りました。

これならお酒が好きじゃない方にも、おいしく飲んでもらえるんじゃないかなと思います。(アルコール度数も2.5%と低めです)

ペアリング

甘みのあるしっかりとした味わいなので、これだけでデザートになり得ると思います。

もちろん食前酒にも。

あえて食べ物と合わせるのであれば、

ベリー系のジャムが合うものならなんでも合うと思います。

たとえばチーズケーキとか、ヨーグルトとか、パンなんていいのではないでしょうか。

おわりに

今回はフルーツ・ランビックのご紹介でした。

久しぶりに感動するおいしさのビールに出会えたことをうれしく思います。

今後、他のフレーバーも試していきたいです。

 

それではまた〜

burame

ビール関連のおすすめ記事 

www.calikura.com

www.calikura.com

www.calikura.com 

【美しい建築】サンタバーバラのコートハウス

引き続きサンタバーバラ旅行紀です。

2日目の朝、サンタバーバラの観光地として最も有名なコートハウス(裁判所)を訪れました。

Santa Barbara County Courthouse

この日は前日の悪天候とは打って変わっていいお天気。

すっきりとした青空に白い壁と赤レンガが映えます。

こちらのコートハウスは1929年に完成した建物で、意外とまだ100年も経っていません。

スパニッシュ・コロニアル・リバイバル様式

もっと歴史が古そうに見えるのはその建築様式のせいかもしれません。

1925年、地震により大きな被害を受けたサンタバーバラ市は、その復興の際に建築様式をスペインのアンダルシア風に統一することを定めました。

その結果、こちらのコートハウスも含め街の建物が統一されたデザインで作られたことにより、"全米一美しい街"として知られるようになったそうです。

このスタイルの特徴としては、赤レンガの屋根、白い塗り壁、アーチの連窓、窓周りのアイアンなどが挙げられます。

どうしてスパニッシュ?

上の歴史はガイドブックにも書かれている話なんですが、

そもそもどうしてスパニッシュ??

という疑問が残りました。

そこで少し調べてみたところ、いくつかそれっぽい理由が見えてきました。

まず、地震が起きる75年前の1850年までカリフォルニアはそもそもスペインの植民地でした。

そして、地震の起きる10年前の1915年にサンディエゴで開かれたパナマ・カリフォルニア博覧会にて、スパニッシュ・コロニアルのリバイバル様式が注目を集め、それをきっかけにカリフォルニアなどアメリカ南西部でこのスタイルが流行したそうです。

流行った理由としては、温暖な気候と海辺の雰囲気が南欧と類似しており、相性がよかったことが一因と考えられています。

この流行は1940年頃まで続いたそうで、ちょうどサンタバーバラの復興期とも重なります。

なので個人的な推測としては、元々この地にはスペインからの入植者の子孫が多いので親和性があり、さらに気候ともマッチした流行のスタイルだったため、この様式が最もふさわしかったのではないかなと思います。

日本のシンプルなスタイルや丁寧なモノ作りと北欧の家具やデザインの相性が良く、ずっと人気が続いてるのと似たようなものかもしれません。 

裁判所とは思えない贅沢な内装

さて、それではようやく建物の中です。

外装だけでも「これが裁判所?!」と思ってしまうような素敵な建物でしたが、内装はさらに盛り上がっていきます。

エントランス

大きなランプと尖頭アーチのゲート、南欧風のカラフルなタイルが印象的なエントランスになっています。

"スパニッシュ・コロニアル"と言われるまで、モロッコ風?と思ってしまったくらい、イスラム感があります。

ちなみにこちらのコートハウスは、現在も裁判所として使用されており、廊下の突き当たりには裁判のスケジュール表が張り出されていました。

アーチ階段

経路を間違い比較的地味な方の階段から行ってしまったのですが、こちらもすごく素敵でした。

一段一段にタイルが貼られており、吹き抜け部分にもモザイクタイルで模様が施されています。

法廷

このコートハウスの中でおそらく最も大きな法廷。

ここ教会だっけ?と思うくらい、豪華な内装で天井も高かったです。

ホール

この建物の中で最も華やかだったのがこちらのホール

f:id:burame:20190220151047j:plain

タイル!ランプ!お花の窓!アート!

もりもりですよね・・・だけど本当にきれいでした。

階段を上ったところから見える廊下も素敵でしたよ。

ただの通路としてしまうのではなく、こういう目立たない部分にもデザインを施し、美しく見せようとする仕事ぶりに心打たれました。

ダウンタウンで一番高い時計台

先ほどの華やかなホールから階段を上っていくと、見晴らしのいい時計台に出ます。

ここからの景色は、赤レンガの屋根がイタリアのフィレンツェっぽくもありました。

ですが大きく異なるのは、南国らしいヤシの木と遠くに見える海!

全米一美しい街といわれるのも納得です。

おわりに

今回はサンタバーバラのランドマークであるコートハウスのご紹介でした。

昨日の記事ではフランスに行きたいと言っておりましたが、今回の記事でスペインにも行きたくなってしまいました・・・

ヨーロッパ熱、まだまだ冷めそうにありません。

それではまた。

burame

サンタバーバラ関連のおすすめ記事

www.calikura.com

www.calikura.com

サンタバーバラの朝食ならここ!フレンチベーカリーBREE'OSH

サンタバーバラ旅行から帰ってきました。

最初の2日間はあまりおいしいごはんにありつけなかったんですが、3日目に訪れたベーカリーが最高だったのでご紹介したいと思います。

BREE'OSH

今回訪れたのはサンタバーバラのダウンタウンから少し離れた場所にある、BREE'OSH(ブリオッシュ?)というベーカリーです。

訪れたのは朝8時半頃だったんですが、すでに朝食をとる人々で賑わっていました。

外の席はワンチャン連れのお客さんが多かったです。

店内の様子

店名のBREE'OSHの"O"はたまごのロゴになってます。

たまごにあやかってか、店内もたまごカラーでかわいいです。

お店の中はコンパクトながらも10人くらいは座れるカフェスペースがありました。

メニューはたくさんありますが、訪れた時間帯は左端の朝食メニューとドリンクのみ。

メニューにあるお食事メニュー以外に単品のパンもあります。

Breakfast Sandwich

私はサンドイッチを注文することにしました。

サンドイッチはたまごとチーズorベーコンorサーモンの3択で、「ハム&チーズがいい・・・」と思いましたが、それはブランチタイムにならないとないようだったので、一番シンプルそうなたまご&チーズにしました。

そして出てきたのがこちら↓

f:id:burame:20190219160021j:plain
ハンバーガー!?

はさんでいればなんでも"サンドイッチ"なんですかね。

食パンではさんだのを想像していたので驚きました。

断面はこんな感じでたまごもりもりです↓

食べてみた感想としては、

最高においしい!!!

こんなにふわふわのバンズふわふわのたまごのサンドイッチ初めてです。

そしてほんの少しだけ何かのスパイスが効いていて、それがすごく旨味を引き立てていました。

これ何の味だろう?と思ってバンズを開いてみると、細かく刻んだ青ネギのようなものがチーズの上に乗っていました。おそらくこれがこれまで食べたたまごサンドとは異なる味のひとつの要因なのではないかなと思います。

あ〜、また食べたい。もしくは家でも作ってみたいです。

Croque Monsieur

こちらは旦那Kが注文したクロックムッシュ。

こちらは上にかかったチーズがカリカリに焼かれており、中にはハムがはさまれています。

こっちもうまい!

チーズやハムといった具もおいしいんですが、特にパンの耳が固すぎずサクサクで、一緒に食べるとおいしかったです。 

おわりに

今回はフレンチベーカリーBREE'OSHのレポートでした。

お店のサイトによると、ここのオーナーカップルはフランス人だそうで、フランスで修行後こちらにお店を出したようです。なるほど、おいしいわけですよね。

サンタバーバラに行くことはしばらくないと思いますが、LAに行く途中にでもまた立ち寄れたらいいなと思います。

そして最近ヨーロッパに行きたい熱が上がってるんですが、今回のパンとの出会いにより、ますますヒートアップしてきました。フランスでフランスパン、憧れます。

それではまた

burame

アクセス・営業時間

1150 Coast Village Rd, Montecito, CA 93108

<営業時間>

毎日 7:00〜14:00

キッチンの営業は13:30まで

breeosh.com

アメリカ国内での旅行おすすめ記事 

www.calikura.com

www.calikura.com

www.calikura.com