カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

シリコンバレーで賃貸アパートメント探し その①

ブログ開始2日目

ついに引越し先決定!!!

 

今は旦那が3年間住んでるアパートメントにいて、

10月で契約更新だからそのタイミングで引越そう!

ということで私も9月上旬に渡米し合流。

それから本格的に動き始めて2週間、

意外と早く決着がつきました。 

 

何かが決まる時って独特のスピード感とか

巡り合わせの良さを感じます。

ここにしなさい!って背中を押されている気がしました。

 

というわけで、さらっと

 引越しました!新居たのしみ!

で終わってもいいんですが、

せっかくなんでこれまでの出来事とか、

アメリカってそうなんだーと思ったことを残しておこうと思います。

「カリフォルニアでくらべてみました」というブログにぴったりのトピックスですしね。 

 

2017年シリコンバレーの賃貸事情

とにかく高い!

どの物件も目玉が飛び出しそうです。

 

条件やエリアによって価格は異なるとは思いますが、

私たちが住んでるシリコンバレーGoogleAppleなど

好調な企業様が多いおかげで建設&地価高騰ラッシュです。

 

戸建を買おうとすれば、こんなボロい物件が?

と思うようなものでも数億円はざら。

賃貸も更新のたびにあたりまえのように数万円単位で家賃が上がっていきます。

なので今の給料でぎりぎりのラインで借りてしまうと、翌年以降が大変なことに・・・

 

ちなみに参考までに近隣の賃貸情報↓

f:id:burame:20170927084444j:plain

検索条件は、1ベッドルームのアパートメントです。

少し古かったりオートロックが無かったとしてもこんな感じです。

都内の家賃すら安く感じる・・・

 

けど都内の一般的な賃貸と比べると、やはり基本的に広いです。

今の部屋は旦那が一人暮らし用に借りたとこですが、それでも50平米!

余裕で二人で住めます。

 

1STUDIOという一番狭い間取りなんですが、

ベッドルームとLDKがつながってて、一応間仕切りで分けられるタイプのお部屋です。

それでも家賃は私が都内で住んでたときの3倍以上・・・ 

手取りが家賃だけで吹っ飛びますね。

 

都内で一人暮らしとなると、1K30平米前後が多いかなと思いますが、

こちらはそもそも物件の検索条件に「1K」というのがなく、

その規模の部屋を見つける方が困難です。

そこはアメリカ人、からだ大きいですしね、

やはり部屋の作りも大きめです。

 

あと、こちらの賃貸は

・冷蔵庫

・食洗機

・オーブン/電子レンジ

・洗濯機/乾燥機

が標準装備のところが多いです。

さらにシーリングファンがついてるとこも!(うちもある)

大物家電を買わなくていいことと広さを考えると、高い家賃も妥当な気がしてくるような・・・(いやいや!)

 

それから、共有スペースについては、古いとこでもだいたい敷地内にプールやジムがあります。(それでも近所には24時間フィットネスがいくつもある不思議・・・)

日本にいたときはジムに月7000円払ってたので、それも含まれてると思えばさらにお得な気が・・・

 

エントランスやお庭は綺麗に手入れされてて、お花やグリーンが素敵で癒されます。

それを見るたびに外と同じくらいのエネルギーで室内(とくに水周り関係)もリノベしてくれたらいいのに・・・ともやもやしたり。

 

というわけで、初回は現在のシリコンバレーの賃貸事情でした。

思いがけず長くなってしまったので続きはまた後日。

 

burame