カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

アメリカのH4ビザ取得への道 その②

こんにちは!

今日から絶賛減量中のburameです。

このブログもバイクをこぎながら書いてます。ひーー

昨日に引き続き、ビザ取得に関するお話です。

burame.hatenablog.com

 

 

準備からビザ取得までの日数

ビザを申請される方にとって、申請してから取得できるまでどれくらいの日数がかかるかは気になるところだと思います。

私の場合はこんな感じでした↓

----------------------------------

2017年7月初旬:戸籍謄本の取り寄せ(一週間程度で届いたけど、しばらく放置)

7月中旬: DS-160のエントリー、証明写真の準備、戸籍の英訳。ほぼ2日で完了

7月下旬:面接予約→翌週面接→その翌週ビザ受領(8/1)

----------------------------------

夏は留学生が多く大使館も混雑する時期らしいですが、意外とスムーズだったので準備含めて実質3週間くらいです。

これが他の種類のビザだと審査が厳しくてもう少しかかるかもしれませんが、H4の場合は就労者のHビザ有りきなので、比較的ゆるいのかもしれません。

 

申請を始めた頃はまだ具体的な渡米のスケジュールが決まってなくて、8月末くらいかな〜という感じで考えてました。

だとするとかなりギリギリのスケジュールですね。

ビザ取得から出国まで1ヶ月切ってるし・・・(なかなかお尻に火がつかないタイプ)

 

ビザが取れないことにはこわくて飛行機も取れないし、

荷物を送るにもビザのコピーが必要だから申し込めない、

けど部屋を引き払う日も迫ってるーー!

という感じでどんどん首が絞まっていきます・・・

申請はお早めに!

 

面接当日

さて、面接の予約をする際、直近で行けるのが翌週の水曜日でした。

私は平日休みだったのでそこはすぐ行けてよかったです。(週末も予約ってできるのかな?) 

アポイントメントタイムは9時半で、5分くらい前に到着しました。

結構並ぶという前情報があったので早く行こうと思ったのに、残念ながらオンタイムです。

当日は雨が降っていたので、外で待つなんて最悪だな〜と思っていたら意外とあっさり敷地内に通してくれました。

 

あれ、今日空いてる?

もしやラッキーDAY!?

 

なんて思いながら意気揚々と進んでいくと、階段沿いに50人はいると思われる待ち行列・・・

f:id:burame:20181118110827p:plain

そんなに甘くなかった。

 

けどその列も割とスムーズに進んで行き、荷物チェックをしたら中へ通してくれました。ここまでで到着から20分くらい。

 

ですが実際はここからが本番でした。

中に入るとびっくりするような待ち人数!!

え、平日の朝でこんなに多いの!?(ざっと200人以上はいる)

毎日こんな調子!?

これからアメリカで生活しようという人がこんなにもいるのかと驚きました。

さすが移民の国です。

 

とても午前中では終わりそうにないな・・・とがっくりした気持ちで最初の窓口に持参した書類を持って行きます。

その後、自分の番号がモニターに表示されるまで待ちます。

待つ人が多すぎて椅子が足りないので運良く自分の前の椅子が空くまで立ちっぱなしです。そうこうしてると数分後、先ほど書類を提出した窓口で私の番号が呼ばれている。

 

えー・・・何か不備でも?

 

と緊張の面持ちで行くと、なんとお金が支払われていませんとのこと!

え、ネットから支払いしたけどまだあるの!?

なんだかよくわからない紙が渡されて、後ろの窓口で支払ってきてとのこと。

しかも金額を見ると5万円

えー!なにこれ!?聞いてないんですけど。

 

とりあえず混んでたのでその場を後にし、支払窓口に行って、私既にお金払ってるんだけど、これ何かな?と聞いても、こっちではわからないから受付でもう一回聞いてと冷たい対応。

他の人に聞いても同じ対応・・・

迂闊なこと答えるとトラブルになるからそういうルールになってるんでしょうね。

 

取りつく島もなく困ってしまい、もらった紙を写真に撮って旦那に送ったところ、

 

旦那:これ、違う人のじゃない?

 

えっ!?

 

確かによく見ると、私の番号と似てるけど違う番号!

そしてさらには名前も違う。ぐちゃっと書いてるからわからなかったけど、

これ別人じゃんw

 

そこでもう一度受付窓口へ。

私:さっきこの紙もらったんだけど、この番号私のと違うよね!?

窓口:Oh!ごめんごめん間違って呼んじゃった

 

ひどい・・・普通こんなとこでそんなミスする?(←ちゃんと確認してない自分も悪い)

けど、とりあえずなんとか危機回避!

焦って支払っちまうとこだったぜ。

あぶないあぶない。

 

その後は特にトラブルもなく呼ばれるまで待機。

番号を呼ばれるまでの間、待合室のテレビでは大使館サイトで見ていた豆夢(トム)とのりこちゃんの留学までのストーリーが!(←いつの間にかファンに)

 

申請や面接に必要なところしか見てなかったけど、実はその前後にはのりこちゃんが留学に反対の家族を説得して、出国するまでのドラマがきちんと作られていたのです。

味気ない説明動画じゃなくてドラマ仕立てにしちゃうあたり、アメリカ人のサービス精神を感じます。

その他にもアメリカに留学したいろんな国の人がインタビューに答えるムービーがあって、留学生でもないのになんだか励まされてちょっと感動したり・・・

そんなこんなで1時間ちょっとくらい待ってようやく面接です。

面接の様子

f:id:burame:20181118110234p:plain

面接と聞くと、上の写真みたいに個室でやるのをイメージしますが、ビザの場合は待合室に役所の窓口みたいなのがずらっと並んでて、自分の番号を呼ばれたら窓口に行って質問に答えて終わりという簡単なものです。

さらに、私の時の窓口はたまたま日本語の上手なアメリカ人で終始日本語でした。

質問は旦那さんの仕事は何?とかだったと思います。

 

そんな感じで待つには待ちましたが案外あっさり終了。

大使館を後にしたのは12時前でしたので、滞在時間は2時間ちょっとくらいでしょうか。

 

それから数日後、郵送でビザ付のパスポートを受け取りミッションコンプリートです。

 

思っていたより簡単で拍子抜けでしたが、無事に終わってよかったです。

f:id:burame:20181118103335p:plain

けど、その①でも書きましたが、わたしのビザ有効期限は更新前のものなので、

次回日本へ帰国の際、また同じようなステップを辿って更新手続きをせねばなりません・・・

あー、やっぱり何度やっても憂鬱なものですね・・・

では今日はこのへんで!

バイクも疲れたし!

burame

 

2018年7月にグリーンカードも取得しました↓ 

burame.hatenablog.com 

アメリカに引っ越してからのお話はこちら↓

burame.hatenablog.com

burame.hatenablog.com