カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

新居の採寸にいってきました

こんばんは。

プリズンブレイク2からあまり見る気がしなくなったburameです。

 

今日は新居の採寸に行ってきました。

家具を買うにもまずは採寸!

間取りも全くわからないしね!!

 

そうなんです。

なんと間取りも知らずに契約したのです。

 

今回住むアパートメントは各部屋で結構間取りが違うそうで、貸してる側もどんなレイアウトかわからないと言う・・・(なんて会社だ)

 

かろうじて面積とレイアウト数パターンは事前情報としてあったので、以前見学した部屋の様子と外から見た感じで、おそらくこういう間取りだろうという推測のみで本日に至りました。

 

10:00 AM 約束どおりアパート到着。

以前対応してくれたスタッフが入口に待機。

 

かと思いきや、なんと鍵があいてないとのこと!!えーー

セキュリティー会社の人が開けてくれるはずなんだけどまだ来ないらしい・・・

 

しばらく待つこと30分。

 

まだ来ない・・・!!

これってお国柄?

 

仕方ないので近くのスーパー等を見て時間を潰すことに。

そうこうしてたら15分くらいで開いたとの連絡が。

 

ようやく新居とご対面。

希望の南向きですが、まだ光が入ってこなくてちょっと暗いです。

f:id:burame:20171009151332j:plain

とりあえず間取りは概ね期待通りのものでひと安心。

感動のご対面もそこそこに、さっそく採寸へ。

 

まずはリビング、キッチン、寝室のタテヨコから、

クローゼット(棚上の高さや奥行も忘れずに)

バスルーム(シャワーカーテンの高さとレール長さ、ボトルスペースのサイズなども)

管理人さんが待ってたので、キッチン等の収納の中はまた引っ越してからということで。

 

それから、忘れてはいけないのが搬入経路の採寸です!

・玄関ドアの内寸(ドアを開いて一番狭いとこのタテヨコを測る)

・エレベーターの内寸と入口サイズ

・共用入口やホールの内寸

・窓からも出し入れする場合はサッシの内寸

などなど。

 

こんなことをえらそうに言っておきながら、今回ホールの幅を測るの忘れてました(涙)

購入予定のソファがアメリカサイズで大きく、傾けても入るか微妙なところだったので、ホールで回して方向転換が可能かを見ておかなければいけなかったのに・・・

 

結局、夫婦間協議の結果、当初購入予定だったソファと同じシリーズのもので、パーツを分解できるタイプに変更することに。

当初のものの方がカウチ部分を左右どちらにも設置可能でよかったんですが、次に引っ越すところでもまた搬入の問題が出てきそうだし、何より日常的に重すぎて動かすのが大変そうということもあり、変更することになりました。

 

こういうケースもありますので、家具を購入される際はモノと部屋、そして搬入経路の採寸をお忘れなく!(反面教師より)

 

余談ですが、コーディネーターをしていたときも家具の搬入は毎回ドキドキしておりました。ちゃんと搬入できるかなとか、キズや汚れは無いかなとか、商品間違ってないかなとか(おい)・・・

けど、無事に納品してお客様と一緒に喜び合える時間は最高でした!

ありがとうという言葉をいただくたびに、こちらこそありがとうですよ!と感謝でいっぱいでした。

そんな素敵なご縁がまたどこかであればいいですね・・・

 

さて少し脱線しましたが再び我が家のお話です。

今回リビング家具と合わせてラグも購入予定なので、一旦家に帰って今日測った寸法で簡単な間取り図を作成。

 

そこに家具とラグのサイズを入れ、レイアウトと大きさ感を最終確認。

通路幅も特に問題なさそう。

ということで、ついに家具とラグの購入へ!

 

つづきはまた後日。

 

burame