カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

ベラッジオとアリアでくらべてみました

こんにちは。

旅行太りburameです。

毎日10キロ近く歩いたはずなのに・・・

 

本日も昨日に引き続きラスベガス旅行のお話第二弾です。

第二弾はホテルについて。

前回は噴水で有名なベラッジオに泊まりましたが、今回はアリア・リゾート&カジノに滞在しました。ベラッジオがトラディショナルなのに対してアリアは比較的新しくデザインもモダンなので、また違った感じで楽しめるかなと思い今回はこちらにしました。

というわけで、今回はこの二つのホテルをくらべてみようと思います!

外観

モダンテイストなアリア一帯

f:id:burame:20171228121123j:plain

右奥のウェーブしてるのがアリアで、左の黄色い2つのタワーは端っこに写ってるからゆがんでるわけではなく、本当に変な形をしててなかなか強烈です。最初はここがホテルなのかと思ってたんですが、なんと分譲マンションみたいです。

このエリア一帯がギラギラしており、どや!的な勢いを感じます。

f:id:burame:20171229131143j:plain

ここは車寄せのところです。壁が玉砂利みたいになってて水が定期的に流れてくるんですが、何層にも重なっていくのがとてもきれいでした。噴水ショーのような派手さはないですが見てて飽きない演出です。ちょっと日本的なおもてなし感があります。 

ラスベガスの顔 ベラッジオ

f:id:burame:20171229114542j:plain

ラスベガスといえばベラッジオの噴水ショーですが、この写真は夕暮れ時のもので、ホテルの灯りとアプローチの街灯があいまって噴水が上がってなくてもとてもきれいでした。噴水が上がるとさらにいいんですけどね。この外観と噴水ショーを同時に見れるという意味では、正面のParisホテルもかなり魅力的ですね。

エントランス

アリアはやや中華風

f:id:burame:20171228122926j:plain

ホリデーシーズン仕様でとても華やかに飾り付けされてました。

f:id:burame:20171229123114j:plain

天井がとても高いエントランスホールなので、高さを生かしたディスプレイが素敵でした。そしてこの右の方にある赤い胞子のような謎のデコレーション・・・これを思いつくイマジネーションに恐れ入りました。元々のエントランスのデザインが少し東洋的なので、そこにクリスマスの赤が合わさり若干中華風な印象を受けました。

ベラッジオは華やか×東洋

一方のベラッジオのエントランスはというと、まず目を引くのはガラスのお花の天井です。これは何度観ても圧倒されます。ほんと素敵ですね〜

で、今年はその下になぜか馬に乗った武士がいました・・・

f:id:burame:20171229120759j:plain

みんな珍しいのか写真撮ってました(私も含めて)。

受付のところにお正月のしめ縄飾りみたいなのもあったので、東洋的なものをミックスするのが人気なんでしょうか。

そしてエントランスの奥へ進むとかなり盛大にクリスマスのデコレーションをしてるエリアがあります。

f:id:burame:20171229120822j:plain

人の大きさと比べると左の人形の巨大さが伝わるかと思います。この写真は昨年のですが、今年は少し内容が変わってたようなので何度来ても楽しめそうです。 

客室

続いて客室です。

アリアはモダン&デジタル

f:id:burame:20171229123742j:plain

シックで上質感のある客室です。 

f:id:burame:20171229124113j:plain

こちら窓からのビュー。上から見ても攻めてる感じ。

f:id:burame:20171229123847j:plain

で、これがアリアの客室の一番の特徴です!

カーテンの開閉、電気・テレビ・空調の入切から調整まで全てタブレットでコントロールできます。

他にもテレビの番組表やルームサービス、レストラン情報などすべてこちらで一括管理しているので、私のようなぐうたら人間にはもってこいです。そのうちこういうのも当たり前になってくるんでしょうが、まだ珍しいので先取り感があってよかったです。

あと、写真には残ってないんですがホテルでよくある有料のおつまみや飲み物のところに「60秒以上動かすと課金されます」の注意書きがあったのには衝撃を受けました。滞在の際にはご注意ください・・・。

f:id:burame:20171229123828j:plain

最後にバスルームですが、ここは珍しくバスタブとシャワールームがくっついたタイプでした。日本人的にはいつもの感じでお風呂に入れてうれしいですよね。バスタブも深さがあるのでちゃんとお風呂に浸かれます。

実は新しいベラッジオ客室

昔からあるホテルなのでお部屋もちょっと古い感じかと思いきや、数年毎に客室もリノベーションしているようでとても素敵なお部屋でした。

f:id:burame:20171229140303j:plain

泊まったお部屋はブルーを基調にしており、壁紙とカーペット、クッションとカーテンが柄合わせされており、上品さと華やかさのバランス良くとても素敵でした。

f:id:burame:20171229140327j:plain

こちらのバスルームはシャワーブースとバスタブが分かれているタイプでした。ドレッサーを挟んでシャワーブースがあり、シャワーを浴びた後ざっと体を拭いてバスタブへ移動というのが面倒だったので滞在中はあまりバスタブは使いませんでした。

使い勝手の面ではアリアの方がよかったですが、ラグジュアリー感ではやはりベラッジオの勝利でした。

f:id:burame:20171229141220j:plain

最後に窓からのビュー。泊まったお部屋はストリップ側だったので、噴水ショーを部屋からも楽しめて最高でした。テレビにショーを中継をするチャンネルがあり、それをつけながらショーを見るとその時流れているショーのバックミュージックも聞けるのがよかったです。

まとめ

タイプの異なる二つのホテルに宿泊してみた感想としては、

結局、どっちもよかった! (ごーん)

それぞれ良し悪しありますよね。好みもありますし。

だけど初めてラスベガスへ行く友達におすすめを聞かれたら・・・

やはりベラッジオかなあという感じです。アリアのおしゃれな感じもワクワクして好きでしたが、ベラッジオの少し落ち着いた感じの方がしばらく滞在する上では居心地が良かったです。そのせいか、最終日に出発の時間までなぜかアリアではなくベラッジオのカジノで遊んでしまいました。

ちなみにコストについては、平均的な宿泊費はどちらも変わらないんですが、ベラッジオの方が噴水側の部屋にした時の上がり幅が大きいみたいです。

 

ということで、今回はホテルについてのお話でした。

次回はいよいよグランドキャニオン編です。

ではまた!

burame

ラスベガス関連のおすすめ記事  

www.calikura.com

www.calikura.com

www.calikura.com