カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

今年の初プール

うちのアパートにはプールがついていて、引っ越して来た時は、

夏になったら毎日泳げる!

と楽しみにしていました。

が、実際住んでみると意外と行かないもんです。

 

そもそも毎日泳ぐようなライフスタイルじゃないし、

子どもが遊んでたら遠慮しようと思うし、

わりと涼しい日が多いし、

などなど、プールに行くことへのストッパーはわりと多いのです。

 

ですが先日、ふと思いました。

あー、泳ぎたいな・・・

と。

そしてその日、幸いにもプールは無人、気温もいい感じ、時間もある。

これを逃したら今年はもう泳がないかもしれないな、

と思い、ささっと着替えてプールに向かいました。

 

プールに着いても相変わらず誰もおらず、まさに貸切状態。

夕方になると子どもたちがやってきそうなので、さっそく泳ぎはじめました。

平泳ぎ、背泳ぎ、クロールを気の向くままにローテーションです。

 

無言で黙々と泳ぎながらも、久しぶりのプールなので内心は

わーい!プールだプールだ!夏さいこ〜

と浮かれておりました。

 

が、そんな楽しい気持ちもそれほど長くは続きません。

うちのアパートのプールは25mもなく、おそらく20mすらないくらいの長さです。

なので泳ぎ始めてもすぐに向こう岸に着いてしまいます。

ちょこっと泳いでUターン、またちょこっと泳いでUターン・・・

10分もすると、

もういいかな・・・

と、早々に飽きを感じました。

私は小学生の頃スイミングスクールに通っていたのですが、その頃は飽きもせずに1時間近く泳いでたのに・・・

何がそんなに楽しかったのか、当時の私に聞きたい心境です。

 

そんなこんなで、結局20分くらいでプールからは上がったのですが、家に帰って鏡をみると、水着のあとがくっきり残っていました。

たった20分でこんなにこんがり焼けてしまうとは・・・カリフォルニアの日差しおそるべし。

水着のあとなんて日常生活に支障はないのですが、今度日本に帰った時に温泉に行くつもりなので、それまでには元に戻っててほしいなと願うばかりです。

 

それではまた〜

burame