カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

食とアートの街 Yountvill(ヨントビル)を散策

昨日ご紹介したレストランBouchon Bistroは、ナパバレーの中のYountvill(ヨントビル)という美食タウン内にあります。

ここは小さな街ですが、人口1人あたりのミシュランレストランの数がなんと北米一なんだそうです!

その立役者となったのがBouchonのオーナーシェフ、トーマス・ケラー。

この街だけでも彼のお店がいくつもあります。

Finess the Store

そんなトーマス・ケラー・レストラングループでは、オリジナルグッズを扱うギフトショップもやっているので、レストランの後に立ち寄ってみました。

外観からもうすでに素敵・・・

こういう店、大好物です。

場所はBouchon Bistroの左隣の建物の少し奥まった所にあります。

 

中はこんな感じ。アメリカにしてはシンプルで日本のインテリアショップみたい。

実際にレストランの中で使われていたものもありました。

そしてわが家のシェフKは、ブタさんマークのソルトケースを購入↓

このマークはヨントビルの人気レストラン"ad hoc"のマークです。かわいいー

ad hoc行ったことないんですけどね・・・

 

街にはアートが点在

ヨントビルのメインストリート沿いにはアートが点在しており、歩いてるだけでも結構楽しめます。

f:id:burame:20190403125902j:plain

ちなみにこの作品、購入可能だそう・・・↑ 

だけど改めて見ると、モノトーンだったらわりといいかも(いらんけど・・・)

 

おわりに

今回はヨントビルの街歩きのお話でした。

気候もようやくこれぞカリフォルニア!

という感じになっており最高でした。

 

ちなみにヨントビルのサイトを見たところ、Art Sip & Strollという、

ワインテイスティングと音楽とアートのイベントが4/27(土)に開催されるそうです↓

https://www.artsipstroll.com/

何それ、めっちゃ楽しそー!!

ナパは泊まると結構高いそうなのですが、

これはぜひ泊まりにして、昼からワイン飲みながら音楽やアートを楽しみたいところです。

 

それではまた〜

burame