カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

【アイラ島】スコッチ・ウイスキーの聖地へ

昨年の10月末、われわれ夫婦はIslay(アイラ)島を訪れました。

目的はそう、ウイスキーです。

f:id:burame:20191030130532j:plain

ウイスキー好きなら一度は訪れたい憧れの島

ウイスキーに興味のない方も多いかと思われますのでざっくりご紹介を。

アイラ島はスコットランドの島で、東西に40km、南北に30kmの小さな島です。 

そんな小さな島の中に、世界中にファンを持つ有名な蒸留所が8つもあるという、

まさにウイスキーの聖地です。

ウイスキーファン、特にアイラのウイスキーファンなら、

この島でどんな風にウイスキーが造られているのか、

またこの島の何がここのウイスキーを個性的なものにしているのか、

というのを実際に足を運んで確かめてみたくなりますよね。

旦那Kはアイラ・ウイスキーのファン

このブログではたまにビールの記事も書いたりしているので、私がビール党であることをご存知の方もいらっしゃると思いますが、一方の旦那Kはビールもワインも好きですが、党派としてはウイスキー党です。

そんなKがヨーロッパ旅行の計画を立てていた際、

アイラ行ってみたいな〜

とぼそり。

スケジュール的に行けるかどうかもわからなかったし、ツアー料金もそれなりにするみたいだし、それほどウイスキー好きでもなかった私は「ふーん、そうなんだ」と軽く流していました。

ですが控えめだったKのアイラ熱も徐々にヒートアップしていき、最終的には

このツアーに参加しよう!

という決意表明に至りました・・・

アイラ島ツアー

私たちが参加したのは、日本だとベルトラが代理店をしているこのツアーです↓ 

アイラ島&スコットランド西海岸 3泊4日ツアー<3~10月/月・水・金/エジンバラ発>

3月〜10月の間しかやってないので、私たちが参加したのは2019年最後のツアーでした。ギリギリセーフ。

ざっとした流れとしては、

1日目:エディンバラ出発。名所を巡りつつ、1日かけてアイラへ移動

2日目:蒸留所の見学など

3日目:蒸留所の見学など

4日目:エディンバラへ移動、解散

という感じです。

ガイド兼運転手さんはスコットランド人の男性で、ツアー参加者は私たち以外に日本人が1人と、あとはアメリカ、カナダ、ドイツ、デンマーク、アイスランドといった様々な国の計12名でした。

国も言語もバラバラなメンバーでしたが、誰もがウイスキー(および酒)好きというひとつの共通点を持っていたので、アットホームで楽しいツアーになりました。

そしてこの短いツアーの間に、ビール党だった私がまさかの

ウイスキー党へ転向宣言!

それくらいアイラは最高に魅力的なウイスキーの島でした。

そんな楽しい旅の思い出はまた次回。

つづく

burame

 

続きはこちら↓

www.calikura.com

 

エディンバラでのお話はこちら↓

www.calikura.com