カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

店舗デザインも面白い!ゴードン・ラムゼイのヘルズキッチン inラスベガス

先日ラスベガスの人気ハンバーガー店Gordon Ramsay Burger(ゴードン・ラムゼイ・バーガー)についてご紹介したのですが、その美味しいバーガーに魅了され、後日同じくラスベガスにある姉妹店

Gordon Ramsay Hell's Kitchen(ゴードン・ラムゼイ・ヘルズキッチン)

にも行ってきました。

ヘルズキッチンは店舗デザインも見どころだったので、今回はそのあたりも含めてご紹介したいと思います。 

ゴードン・ラムゼイとは

ハンバーガーの記事と重複になりますが、改めて簡単にご紹介です。

上の写真の男性がゴードン・ラムゼイさん。

彼はイギリスの3つ星シェフで、自身のテレビ番組も持つ有名人です。その自身の知名度も生かし、世界のあちこちにレストランを経営しています。

ラスベガスだけでもステーキ、ハンバーガー、フィッシュ&チップスなど、いくつものお店を出しています。

ちなみに彼の番組はアメリカだとHuluamazon primeで配信しており、ラスベガスから戻って以降、旦那Kはずっと視聴しております。面白いみたいです。

お店の中はこんな感じ 

では早速お店の中を見てみましょう。

オープンキッチン

エントランスから入ってすぐ横が大きなオープンキッチンになっており、壁面は赤青の炎デザインになっています。

彼の番組が料理バトルものなので、それを表しているようです。

そしてよく見ると壁面はモザイクタイルでできています!

このデザインを焼き付けたタイルシートを特注したのか、地道にポチポチ並べたのかはわかりませんが、すごいな〜と、まずはお料理と別の部分で関心してしまいました。

ダイニングエリア

キッチンの目の前からダイニングエリアになっています。

レストラン全体ではこの倍以上の広さがあるので、席数は結構あります。

そしてビックリしたのがこの照明↓

デビルのヤリのかたちになってる!

さらに壁面に目をやると・・・

クロスも建具もヤリのデザイン!

エントランスにもあったし、お店のトレードマークなんですね。

こういう振り切ったこだわりを感じるとすごくテンション上がります。

べつにこの店の内装が普通だったとしてもお客さんは来ると思うし、誰もがっかりしないと思うんですよね。

だけど内装にもお金をかけて、世界観を作っておもてなしをしようとしているのがすごくいいな〜と思いました。

ヘルズキッチンのランチ

それではようやくお料理です。

ランチコースもあるんですが、他のメニューを食べたかったのでアラカルトにしました。

前菜 

手前はパンプキンスープ、奥がビーツのサラダです。(2人でシェア)

スープは滑らかで、真ん中のグラノーラのようなのがサクサクしていておいしいです。ですが日本のパンプキンスープとくらべると少ししょっぱい感じ。欧米だとこういう味付けが好まれるんでしょうか。

サラダは美意識高い系というかオシャレな味。チーズのクリーミーさとかぼちゃのタネのカリカリ感がいい感じでした。

メイン

私はfilet mignon(フィレ)を注文。ソースはマスタードっぽい感じでした。

8オンス(約227g)で49ドルです(ディナーも同価格)。

お肉の中はこんな感じ↓

意外とボリュームがあり、柔らかくておいしかったです。

旦那Kはprime dry aged ny strip steak(熟成肉のステーキ)potato puree(ポテトピューレ)を注文。

ステーキが52ドルで、ポテトが11ドルでした。(こちらもディナーと同料金)

ステーキの上にはキノコとししとうのグリルがもりもりです。

お肉はどちらもミディアムレアで焼いてもらいました。

こちらのステーキは"アメリカのしっかりした肉"って感じの味でした(どんな味だ・・・)

上の野菜と一緒にいただくとより美味しかったです。

また、ステーキを注文する時はたいていポテトピューレ(マッシュポテト)を一緒にたのむんですが、アメリカのはものすごくクリーミーでお肉によく合うので大好きです。サイドメニューでありソースって感じで、バターや生クリームが入っていてかなり高カロリーっぽいので、食べながら"これは危険だな〜"と思いつつやめられません。

なのでもしステーキを頼まれる場合はポテトピューレも一緒にたのむのがおすすめです🎵

食後のお茶

食後はジャスミンティーをたのみました。

レモンとはちみつが一緒に付いてきたんですが、未開封のはちみつ瓶が出てきてびっくり!豪快ですね。

空いてる時間

オープンしたばかりの頃は予約がないと入れなかったようですが、現在はわりと落ち着いています。

私達が訪れたのはサンクスギビング連休明けの月曜日で、お店に行ったのは午後1時過ぎでした。

予約はしてませんでしたがすぐにテーブルに通してもらい、お料理もあまり待たずに運ばれて来ました。

お店には2時間程滞在したんですが、その間どんどんお店は空いてきて、3時頃には半分くらい空席だったので、混雑を避けたい場合はそのあたりの時間が良さそうです。

あと、こちらの店でも大人気のヘルズ・キッチン・バーガーが食べられます!

バーガー店はいつも行列ができていたので、待つのがイヤな方はこちらに来るのがおすすめです。(但し同じバーガーがこちらは6ドル高いです)

www.calikura.com

まとめ

旅行の最終日だったので、お昼から贅沢してしまいました。

ステーキ単品で52ドルなんて目玉が飛び出しそうですが、アメリカでステーキを食べようと思ったらこれくらいが相場のようです。

味もザ・アメリカのステーキ!という感じだったので、日本から観光で来てアメリカっぽいステーキ食べたい!という方にはおすすめです。

アメリカ在住者の方には"うちの近所でも食べれるかな"という感じだと思います。

だけど心残りなのはこちらの名物パイ包みを食べなかったこと・・・

当日はパイの気分ではなかったので選ばなかったんですが、また行くことがあれば今度はランチコースにしてパイ包みを食べてみたいです。

それではまた

burame

アクセス

Caesar's Palace(シーザーズパレス)敷地内、ラスベガスのメイン通り(ストリップ)沿いにあります。

3570 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

ラスベガス旅行のお役立ち本

電子書籍ならスマホでチェックできて持ち歩き不要!

ダウンロードしてしまえばネットに繋がってなくても読めて便利です。

 

ラスベガスのグルメ関連のおすすめ記事

www.calikura.com

www.calikura.com
www.calikura.com