カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

ラスベガスParis(パリス)ホテルのお部屋レポート

今年のラスベガス旅行では、Paris Las Vegas Hotel & Casino(パリス・ラスベガス・ホテル&カジノ)に宿泊しました。

ここ数年パリスホテルでは客室のリノベーションをしており、今回宿泊した部屋もリノベ済みの素敵なお部屋だったので今回はそのレポートです。

パリスはどんなホテル?

まず簡単にパリスホテルのご紹介です。

このホテルの目印といえばエッフェル塔と青い気球のような球体。

夜はライティングされていてとてもきれいです。

その名前とエッフェル塔からもお分かりのとおり、

フランスのパリをテーマにしたホテルとなっています。

なのでレセプションも宮殿をイメージしてか、シャンデリアがギラギラしてます。

レストランエリアはパリの街並みをイメージしたつくりになっていて、クレープ屋さんやパン屋さんなどパリっぽいお店が充実しています。

おいしい朝ごはんも食べられますよ↓

www.calikura.com

そんなパリ感のある1階を抜けてエレベーターで上がると客室フロアとなります。

お部屋レポート 

今回宿泊したのはリノベーション済みの2ベッドルームのお部屋。

ベッドルーム

クラシックなヨーロピアンテイストとモダンテイストをミックスしたインテリアです。

上手な色・柄づかい

ホワイト・ライトグレーを基調とし、ポイントにブラックとレッドが効いてます。

家具やランプの形状、カーテンなどのファブリックスの柄にはクラシックさを残しながら、色使いで現代的なテイストに仕上げてるのが素敵です。

また、カーテン・ラグ・ベッドスローそれぞれに違う柄が使われていますが、うるさくならずに華やかに仕上がっているのもホテルらしくていいです。

色味を絞り、柄もダマスクっぽいリピート柄で共通性があるものを選んでいるから個性の強いもの同士の柄合わせでもまとまるんですね。

大胆なブラックの造作家具

写真右側はクローゼット兼ドロワー兼テレビボードなんですが、これがブラックなのもなかなか大胆だと思いました。

こんなに高さも横幅もある家具を、それほど広くもない部屋にブラックで仕上げて置くなんて!

もし自分がこの部屋のコーディネートを担当していたら、出来上がりを見るまでは"宿泊者が圧迫感を感じるんじゃないか・・・"と不安になりそうです。

ですが写真にもある通り、全然大丈夫ですよね。

仮にこれが全部が真っ黒の箱だったら重く感じると思いますが、実際にはゴールドの装飾や大きなミラーがあることで軽さがプラスされ、この空間のコーディネートを引き締める重要な役割を担っています。

それに黒にすることでテレビが目立たないのもいいですよね。

テレビは白い壁には黒くて目立ち、どうしても生活感がでてしまうので、その存在感を消すという意味でもよくできた家具だなと思います。

意外なアート

入口側を振り返ると、壁にポップなアートがあります。

意外性があって面白く、ここにイエローが入ってるのもニクイな〜という感じです。

そして何気に私のバッグもお部屋の差し色みたいになっちゃってますね。

ちょっと残念なところ

この部屋の少し残念だったところは下の写真の2ヶ所です。

まず1つ目は窓際にソファやチェアがなく、スツールだけだったこと。

サイトの写真では一人掛けソファがあったのに・・・

2人で泊まっていて背もたれのあるチェアが部屋に1脚しかないのは少し不便でした。

 

そしてもう1つはベッドの上のクッション

クラシック柄の空間の中に、ぽんっとストライプ柄が入ってるのは好きです。

だけど欲を言えば、中綿にもっとボリュームがあり、生地もリッチなものだったら高級感があってよかったなと思います。

ホテルでペラペラのクッションって・・・生活感ありすぎてがちょっと悲しくなります。まあそもそもラグジュアリーホテルではないので、そこまで求めるのは酷なのかもしれませんが・・・

ですが今回の宿泊で、クッション1つでその部屋のグレード感が全然違うんだという学びがあったので、これはこれでよかったのかもしれません。

そのあたりは以前泊まったホテルの方がよかったです↓ 

www.calikura.com

まあ色々言ってますが、こんな些細なこと以外はいいホテルでしたので概ね満足しています。

バスルーム

続いてはバスルームです。

お部屋のカラーコーディネートがそのままバスルームでも生きています。

赤いフレームのミラー!大胆でおもしろいです。

そしてクロス(壁紙)のかすれ柄がここ数年のトレンドもので素敵でした。

ここのバスルームはシャワーブースの隣がバスタブです。

水回りもリノベ済みできれいだったのでほっとしました。

バスルームのアメニティ

ちなみにこれから宿泊される方向けのアメニティ情報ですが、

シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディージェル(保湿)、ソープ、ドライヤー、タオル、ティッシュはあります。

ですが歯ブラシやカミソリなどはありませんので用意が必要です。

まとめ

ラスベガスのパリスホテルいかがでしたか?

インテリア好きとしては毎回ホテルの客室を見るのも楽しみのひとつです。

今回も個性のあるお部屋に泊まれて、インテリアの勉強にもなり大満足でした。

また素敵なお部屋に泊まった際にはレポートしたいと思います。

それではまた

burame

 

アクセス

噴水ショーで有名なベラッジオホテルの向かい側にあります。

宿泊者でなくてもカジノやレストランは利用できますので、ラスベガスを訪れた際にはパリ気分を味わいに訪れてみてはいかがでしょうか?

3655 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

 

ホテルの空室や口コミのチェックはこちらがおすすめ

海外ホテルの空室や口コミのチェックには情報量の多いBooking.comがおすすめです。

私も旅行の際にはいつも利用しています。 

ラスベガス旅行のお役立ち本

電子書籍ならスマホでチェックできて持ち歩き不要!

ダウンロードしてしまえばネットに繋がってなくても読めて便利です。

 

ラスベガス関連のおすすめ記事  

www.calikura.com

www.calikura.com

www.calikura.com