カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

ワイキキ横丁の梅光軒でラーメン以外のこだわりを感じた話

ハワイでパンケーキやステーキを食べよう!

と張りきる人はいても、

ハワイで天ぷらやラーメンを食べよう!

と張りきる人はあまりいないでしょう。

ですがシリコンバレーからハワイに行った我々にとって、

ハワイは近くの日本。

普段から自炊で和食を食べてると言えども、やはり日本の外食が恋しくなります。

そんな我々が何度も足を運んだのがワイキキ横丁

f:id:burame:20181230154243p:plain

2017年オープンと比較的新しい商業施設で、日本の飲食店が軒を連ねています。

ラーメンを食べに行った日のこと

滞在中、無性にラーメンが食べたい!となった日があり、それならということでワイキキ横丁へ向かいました。ワイキキ横丁にはらーめんロードというエリアがあり、ラーメン店が4店出店しています。

どこのお店にしようかな〜と歩いていると、見覚えのあるチェアが目に止まりました。

あ、カンディハウスのWING LUXだ!

f:id:burame:20181230160112j:plain

カンディハウス公式サイトより

まさかワイキキでカンディの家具と再会するとは。

しかもお店の前で看板娘みたいになってるしw

アップルパークでヒロシマチェアと再会した時の感動再びです。 

www.calikura.com

カンディハウスとは 

そもそもカンディハウスって何?という方のために簡単にご紹介を。

カンディハウスは北海道の旭川を本拠地とする家具メーカーで、現在は全国の主要都市にショールームを構えています。

WING LUX

梅光軒の店先にあったWING LUXチェアはカンディハウスを代表するチェアのひとつです。

梅光軒に置いていたのはヒジ掛けの短いセミアームタイプ。

セミアームのいいところはくつろぎやすさ立ち座りのしやすさです。

このタイプのチェアはいろんなメーカーから出ていますが、ここまで背板が大きくやさしく体を包んでくれるチェアは他にないですね。座るとそのフィット感におおっとなります。

座面も広いので、自宅だったらあぐらをかいて座ったりするのもおすすめです。

他にもあったカンディのチェア

WING LUXとともに中央テーブルに並べられていたのが、こちらのTENチェア

カンディの中では比較的新しいチェアです。

f:id:burame:20181230165804j:plain

TENダイニングアームチェア / カンディハウス公式サイトより

最初に見た時は、これってヒ◯シマチェアのパクリでは・・・とも思いましたが、これはこれで木部と張地部分のコントラストがかわいいチェアです。見た目はWINGよりもこっちの方が好きかも。

もうひとつ、カウンターに置かれていたのはチャレンジサイドチェアでした↓

f:id:burame:20181230165558j:plain

チャレンジダイニングサイドチェア / カンディハウス公式サイトより

このチェアは後ろ姿がかわいいので背面がよく見えるカウンターにはぴったりですね。
アームがない分横幅もコンパクトなので、スペースの狭いカウンターには機能面でもいいチョイスだなと思いました。

梅光軒の家具選びに感じたこだわり

カンディの簡単な説明のはずが、ついつい長くなってしまいました。

さて話は戻って梅光軒の話ですが、店の看板をよく見てみると、

旭川ラーメン 梅光軒 

って書いてある!

先述のとおりカンディハウスも旭川の家具メーカー。

これは間違いなく旭川つながりじゃないでしょうか。

そうでないとラーメン屋さんにあんないいお値段のチェアを何脚も置く理由がわかりません。

そしてイスの張地はおそらく梅をイメージして赤いレザー

こんな誰も気がつかなさそうなところにまでこだわってるあたり、

きっとラーメンも美味しいに違いない! 

そう思ってこのお店で食べてみることにしました。

肝心のラーメンのお味

醤油ラーメンが人気のお店だそうですが、私が注文したのは味噌ラーメン(たまごトッピング)。

感想としては期待以上に美味しかった!

オリジナルのちぢれ麺は太さがちょうどよく、もやしモリモリ、めんまもしっかり味、たまごもトロトロ、もちろんスープも好きな味でした。

あー、また食べたい・・・

 

一方、旦那Kは塩ラーメンを注文。(夫婦揃って醤油を頼まないという・・・)

こちらは薄味派のKにはちょっとしょっぱかった様子。

私は全然いけるなというおいしさでした。 

残念だったこと

ラーメンも美味しく、お店にもこだわりがあっていい感じだったんですがちょっと残念な点も。

私たちが入店したのは夕方4時くらいでお店は半分埋まってるかなくらいの比較的空いてる時間帯でした。(夜に見かけたときは行列ができてました)

ですが席について注文してからラーメンが出てくるまで20分くらい待ちました・・・

店が混んでるなら許容範囲ですが、お店はそれほど広い店舗でもなく、空席もある状態で席に着いてる人の半分以上が何も食べてない状況ってどうなんでしょう。

クリスマス前後でスタッフが足りなかったのかもしれませんが、観光地の一等地に店を構えるからには、多少高い人件費を払ってでも人員を確保すべきではないのかなと思いました。

あともう一点、店の中央のテーブル上に大きな梅の木のオブジェがあるんですが、結構ほこりをかぶってたのが残念でした・・・

ラーメン店だから油も飛ぶだろうし、かなりごちゃっとした木なのでメンテが大変なのはわかりますが、食べる目の前にあるのでほこりがラーメンに入りそうで気になりました。

ラーメンの味やお店の内装まではこだわって作られてる分よかったですが、オープン後のオペレーションがそれに追いつけてないのかな〜と感じます。

まとめ

今回はハワイのワイキキ横丁で出会ったラーメン店梅光軒と、そこに置かれていた家具のお話でした。

また海外のどこかで日本の家具に出会えたらレポートしたいと思います。

それではまた〜

burame

旅行関連のおすすめ記事

www.calikura.com

www.calikura.com

www.calikura.com

www.calikura.com