カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

やっぱり英国ってインテリアのレベルが全然違う!と感じる番組

ここ1ヶ月くらいハマってるNetflixのインテリア番組があります。

邦題は"インテリア改造計画"

インテリア番組なのに日本版タイトルとそのフォントがダサいのが残念でならないんですが、元の英語タイトルは"The Great Interior Design Challenge"で、英国の番組です。

f:id:burame:20190228075729p:plain

Netflixより

この番組はインテリア好きな方はもちろん、インテリアに興味のない方でも楽しめるような面白い内容になっているので、今回ご紹介したいと思います。

アマチュアデザイナーによるデザインバトル番組

まず簡単に番組の概要をお伝えすると、

・毎回3人のアマチュアインテリアデザイナーがコーディネート対決をします。

・コーディネートする部屋は同じ建物にある似たような部屋。建物は築100年以上経っているものもあります。それぞれの部屋には既にクライアントが住んでいます。

・コーディネートするのはリビングや寝室など1部屋のみで、予算は大抵1000ポンド以内という低予算。改装期間は3日間と超短期決戦です。

・3人の中から1人が選ばれ、第2ラウンドへ進出します。

・審査するのは英国インテリアデザイン協会会長のダニエルとインテリアスタイリストのソフィー。2人ともちょっと辛口です。

番組の見所

この番組の一番の特徴は、参加者が

アマチュアのインテリアデザイナー

であることです。

通常のインテリア番組であれば、インテリアのプロが登場し、最終的には視聴者やクライアントをあっと言わせるような、完璧で素晴らしい仕事を必ず見せてくれます。

ですがこの番組の参加者の場合、インテリアデザイナーとしての実績がないので、思い描いたプランが期限内に実現してそれが素敵になる保証はありませんやってる本人が途中で自信をなくして迷走してしまうこともあります。

そして無事に完成させたとしても、出来上がったものが荒削りだったり、段取りが悪かったり変なところもあったりします。

ですがそれは裏を返せば、

荒削り = 大胆さ・斬新さ

段取りの悪さ = 最後まで目が話せない

変なところ = 伸びしろ

という見方もできます。

つまり、完璧じゃないから面白いわけです。

デザイナー達のすごい所

この番組を見ていて毎回すごいなと思うのは、デザイナー達の熱意独創性

そしてその器用さです。

多くの場合、買ってきたものをそのまま置く事はせず、

家具や小物に自らペンキで色を塗ったり

生地を染めてオリジナルの色や柄をつけたり

クッションやイスの張地も自分で縫って作ります

形はいいんだけど色がな・・・とか、

こういうのが欲しいんだけど、高くて手が出ない・・・とか、

インテリアについての悩みは尽きないものですが、参加者達の

なければ自分で作ればいいじゃない!

というポジティブさと熱意に心打たれます。

見てると自分でも何かやってみたくなりますね。

印象に残った改装

ちなみに第一ラウンドで私が一番印象に残ったのはこのお部屋(改装後)↓

f:id:burame:20190228092051p:plain

f:id:burame:20190228094813p:plain

Netflixより

この色使い、すごく大胆じゃないですか??

最初にイメージボードでこのミントグリーンと強めのピンクのファブリックの組み合わせを見たときはギョッとしましたが、仕上がりを見ると本当に素敵です。

さらにマスタードのチェアと深いネイビーの壁面と組み合わせることで、子どもっぽくない大人の女性の寝室に仕上がっているのにとても感動しました。

英国インテリアのレベルの高さを感じる瞬間

番組の趣旨からは少しずれますが、見ていて毎回感心するのは、

そもそも改装前のお部屋が既に十分素敵

というケースが結構あるということです。

f:id:burame:20190228103944p:plain

Netflixより

もうこの状態でも雑誌の海外のお部屋紹介ページに載ってそう・・・

と思う事もあります。

それくらい英国のインテリアって成熟していて、ベースのレベルが高いんですよね。

クライアントですらこの調子なので、参加者はアマチュアと言えども日本だったら十分プロで通用するようなハイレベルな方が多いです。

 

そして、個々人のインテリアに対する意識の高さもさることながら、

デザインの多様性

にも英国インテリアの奥行きと歴史を感じます。

日本にもたくさんの素敵なおうちがありますが、大まかな傾向としては、

・ナチュラル

・北欧

・シンプル

といういずれかのキーワードが必ずといっていいほど入っています。

もちろん私もこれらが大好きで、日本人の得意なジャンルだと思うのですが、

英国にはまだまだ及ばないなと思うのは、ほぼナチュラル北欧シンプル党一党独裁状態だからです。笑

これに対し、番組で登場するお部屋はいかにも英国なクラシックスタイルもあれば、大胆な色使いのコンテンポラリースタイル、東洋とのミックススタイルなど様々です。

日本ではあまり見かけることのない、ナチュラルでも北欧でもシンプルでもないけど素敵なお部屋を見ることができるという意味でも、この番組は本当に面白いです。

おわりに

今回はNetflixで観れるインテリア番組"The Great Interior Design Challenge(インテリア改造計画)"のご紹介でした。

今日観たところからいよいよ第2ラウンドが始まり、第1次を勝ち抜いた猛者たちの戦いがはじまりました。前回とは違う物件・違うテーマでどんな答えを出してくれるのか楽しみです。

それではまた!

burame

インテリア関連のおすすめ記事 

www.calikura.com

www.calikura.com

www.calikura.com