カリフォルニアでくらべてみました

海外暮らし、旅、時々インテリア

どうぶつの森でインテリア魂に火がついてしまった

どもども。

4月に入った途端、3月にコツコツやってたあれこれにもさすがに飽きてしまい、今はどうぶつの森にすっかり入り浸ってます。

f:id:burame:20200409052731p:plain

友達が任天堂Switch版の方にハマってるというのを聞き、うちにはSwitchはないのでスマホ版のどうぶつの森(ポケットキャンプ)を始めたところ、

めっちゃハマった。

自分でも引くぐらいハマってしまい、ここ数日ほぼ一日中ずっとやってます。

(しかもスマホとタブレットの2アカウント・・・)

こんなにずっとやってるのは、たぶん生まれて初めてです。

ですがさすがにゲームのしすぎで首が痛くなってきたので、今日はどうぶつの森からは離れて他のことをしようと思い、運動したりブログを書いたりしています。

インテリア好きにはたまらないコンテンツ

これまでどうぶつの森シリーズをやったことがなかったので、どんなゲームか全然知らなかったのですが、始めてみて思うことは、

インテリア好きがやったらこれはヤバイ

ということ。

どういうゲームかというと、

1、フルーツ狩りや魚釣り、虫取りなどをする

2、集めたものをどうぶつにあげて、仲良くなる

3、どうぶつと仲良くなると、様々な材料がもらえる

4、集めた材料で家具や小物などを作る

5、作ったものでキャンプ場やコテージのコーディネートをする

6、必要なアイテムを揃えると、どうぶつ達が遊びに来てくれてさらに仲良くなり、新たな材料をくれる

という流れがループし、自分の思い描く空間にするために欲望が止まらなくなるゲームです。

しかも、

ゲームのインテリアパーツってだいたいこれくらいのバリエーションでしょ?

という予想をはるかに超えて、様々なテイストのアイテムが用意されており、レベルが上がると使えるようになる家具の種類も増えていくので、終わりがありません。

複数パターンのコーディネートができる

コーディネートできる場所が1ヶ所だけならすぐに飽きてしまったと思うのですが、それが何ヶ所もあるので、ここは別のテイストにしてみよう!といった楽しみ方ができるのもキケン要素です。

スマホ版の場合、キャンプ場、コテージ、キャンピングカーの3ヶ所があり、それぞれの中でも区画や2階があったりするので、現実世界ではそんなお金も場所もないよ〜ということがゲーム内だとできちゃいます。

数年前まで現実世界でインテリアコーディネーターとして働き、年間何十棟も担当していましたが、それはお客さんの意向と予算ありきですし、

思ってたのと違ったからチェンジ!

なんてことは気軽にできないので、それができるどうぶつの森は、インテリア好きにとっては夢のような世界です。

ファッションも楽しめる

そして家具だけでなく、服や小物も作ったり買ったりすることができるので、自分のアバターやどうぶつ達の服のコーディネートが楽しめるのもまた魅力です。

インテリアのイメージに合わせて自分やどうぶつ達の服を変え、写真をとったりして遊んでます。

 

と、こんな感じでブログでまで力説してしまうくらい、どうぶつの森にどっぷりハマっている今日このごろです。

スマホがあれば無料で楽しめますので、ひまで何したらいいかわからんという方、一緒にどうぶつ沼にはまりませんか?

それではまた〜

burame 

ac-pocketcamp.com

先月までの様子はこちら↓

www.calikura.com